1. TOP
  2. >
  3. 自慢の設備・インテリア
  4. >
  5. あなたの部屋の自慢できるところはどこですか?
  6. >
  7. 屋根

自慢できる「屋根」についてのみんなの回答

自慢の部屋や住宅設備について「屋根」と回答した人たちは、実際にどんな部分を自慢に思っているのか、具体的なみんなの声を集めてみました。

  • 福岡県 30代 男性

    スレート瓦では無く、陶器瓦を用いており、紫外線等による劣化から塗装をするような対策が不要である点。また、瓦に厚みがあり重厚感から家がしまって見える点。

  • 茨城県 50代 男性

    存在感のある形とソーラーパネルが一体になっているところ。これ見よがしではなく、さりげなくエコロジーに貢献しているのが良い。

  • 青森県 40代 男性

    ひさしが通常より長いので、遮光効率がよく、雨水のはねかえりが壁にかかりにくく、外壁の耐久性を高めている。

  • 愛媛県 30代 男性

    オレンジで、2種類の色を混ぜた、軽い瓦のようなもので作った。かわいくて目立つが、嫌みのない感じだと思う。

  • 兵庫県 30代 男性

    太陽光パネルの向きと角度が最適で良く発電しています。あと少し大きければもっと設置できたのに残念

  • 福岡県 50代 男性

    特注の蝋燭桟瓦を使った純和風の屋根。鬼瓦も淡路の有名鬼師による手作りと世界で唯一の瓦屋根

  • 大阪府 40代 男性

    屋根が片流れ形式で南向きであり、全面に太陽光パネルを乗せており、月3万円の売電がある。

  • 茨城県 30代 男性

    タイルと一体型の太陽光パネルなので、見た目が綺麗で、パネルがついていると思われない。

  • 千葉県 50代 男性

    太陽光発電パネルのみでできている屋根で、後から乗せたパネルと比べて全く無駄が無い。

  • 静岡県 50代 男性

    耐震性を考えて、軽い金属屋根を採用し、見た目も瓦に見えるものを使用したところです。

  • 大分県 40代 女性

    ずっとメンテがいらないし、丈夫で火にも強くて、自然な感じに年々風合いが増すから

  • 広島県 30代 男性

    周囲の住宅と調和を取らず、石州瓦にして存在感をアピールしているところ

  • 長野県 30代 女性

    切妻屋根にしてあり、太陽光発電パネルを効果的に配置しているところ。

  • 愛知県 30代 女性

    屋上があり、夏には花火を見たりバーベキューなどの出来る広さがある

  • 岐阜県 40代 男性

    他にはないデザイン。建物全体が近未来的であるが、それを象徴する。

  • 東京都 40代 男性

    陶器瓦で見た目がよく、天気が良い日は青い空に映えるように見える。

  • 栃木県 40代 男性

    太陽光発電パネルをできるだけ多く載せるために、南側だけ広くした。

  • 愛媛県 40代 男性

    カラフルなグラデーションのような煉瓦にしたので、見栄えがよい。

  • 埼玉県 60代 男性

    切り妻屋根にし、南一面に3キロワットの太陽光発電になっている。

  • 山形県 30代 女性

    2色の瓦を使っていて近所でも目立つ屋根になっているため。

  • 長野県 50代 女性

    急な雨が降っても困らないよう軒下を長く作ってもらった。

  • 茨城県 40代 女性

    童話に出てくるような三角屋根がスタイリッシュだから。

  • 岐阜県 30代 女性

    銅板が使用してあり豪華に見える。それしかいいとこなし

  • 愛知県 40代 女性

    5人の生活を賄えるくらいの太陽光発電ができている。

  • 大阪府 30代 男性

    太陽光発電パネルがあること、耐久性に優れていること

  • 和歌山県 50代 男性

    太陽光を5.16KWのせてある。それも効率のいいHIT

  • 京都府 40代 女性

    一枚屋根で全てに太陽光発電を導入しているところ

  • 茨城県 50代 男性

    大屋根に太陽光発電を載せて、エコに貢献している

  • 福岡県 60代 男性

    通りかかった人がかっこいいと言ってくれるので。

  • 静岡県 40代 女性

    屋根を高くし、瓦の良いものを使いお金をかけた

  • 奈良県 30代 男性

    瓦屋根と太陽光発電の当初からの組み合わせ技。

  • 茨城県 40代 男性

    瓦一体型のソーラーパネルがのっているところ。

  • 埼玉県 60代 男性

    ソーラーパネル設置で、太陽光発電となっている

  • 富山県 40代 男性

    ステンレス鋼板葺太陽光発電モジュール設置

  • 岐阜県 50代 男性

    瓦の色が他の家と違って明るく気に入っている

  • 山梨県 30代 女性

    オレンジ色でとても可愛くおしゃれです。

  • 福岡県 40代 男性

    太陽光発電システムをのせるため工事した

  • 宮城県 40代 男性

    屋根の上に太陽光発電を搭載しているため

  • 長崎県 50代 男性

    矩勾配と若干張り出した棟木がカッコイイ

  • 山口県 40代 女性

    明るいオレンジ色でさわやかな感じだから

  • 大阪府 30代 女性

    頑丈な材質でできているので自慢できます

  • 群馬県 40代 男性

    屋根というより、屋上が利用できるから

  • 山口県 40代 男性

    5.85KWの太陽光パネルを設置している。

  • 新潟県 30代 男性

    大きいので将来太陽光パネルをのせたい

  • 長崎県 40代 男性

    瓦一体型の太陽光発電なので外観が良い

  • 茨城県 40代 女性

    色。友達にかわいいとよく言われる。

  • 千葉県 40代 男性

    天然石を吹き付けたガルバリウム鋼板

  • 埼玉県 40代 男性

    太陽光発電パネルがついているから。

  • 宮城県 50代 男性

    軽くて丈夫なスレート瓦を使用した。

  • 広島県 30代 男性

    さびない屋根でフラット太陽光発電

  • 愛媛県 60代 男性

    明るいマダラ瓦で近所で評判がいい

  • 岡山県 40代 男性

    太陽光パネルを全面に設置している

  • 愛知県 40代 男性

    コーティングされていて、美しい。

  • 新潟県 50代 男性

    赤い色で、わかり易い目印になる。

  • 愛知県 50代 男性

    20年以上のメンテナンスフリー。

  • 兵庫県 50代 男性

    ソーラーシステムを導入している

  • 東京都 40代 男性

    切妻屋根がシンプルでカッコイイ

  • 北海道 60代 男性

    形状が単調でなく気に入っている

  • 愛知県 40代 男性

    形と色合いが他と比べておしゃれ

  • 茨城県 30代 女性

    太陽光発電システムがついている

  • 大阪府 40代 男性

    南向きで太陽光発電に適している

  • 宮城県 40代 女性

    屋根一体型太陽光。見栄えがいい

  • 秋田県 50代 男性

    銅板葺きだから塗装がいらない

  • 静岡県 50代 男性

    一文字瓦を使った純和風な外観

  • 栃木県 40代 男性

    太陽光発電が付いているから。

  • 奈良県 40代 男性

    玄関の外の屋根が大きく広い。

  • 京都府 40代 男性

    見栄えの良い瓦を使っている。

  • 神奈川県 40代 男性

    妻が非常に気に入っているので

  • 兵庫県 40代 男性

    他と違う屋根素材を使っている

  • 神奈川県 60代 女性

    2013年8月に太陽光発電を設置

  • 愛知県 40代 男性

    形と瓦。高級な瓦が使ってある

  • 千葉県 40代 男性

    太陽光発電付き屋根にした。

  • 大阪府 30代 男性

    ソーラーパネルを付けている

  • 群馬県 40代 女性

    省エネを考えた太陽光発電

  • 三重県 40代 男性

    瓦が良い素材でできている

SUUMOで理想の一戸建てを探すならこちら

不動産情報サイトのSUUMO(スーモ)なら一戸建て物件が満載。「現地レポート」などの詳細な物件情報で、あなたの理想のマイホーム探しをサポートさせて頂きます。

  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 甲信越・北陸
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州・沖縄

マイホーム購入のサポートに。「CO-DATA -みんなの戸建データ-」

夢のマイホーム、一戸建てを購入する際は、何を基準に決めたらいいのか、迷ってしまうものです。色々な人に話を聞いても、「これが正解!」というものもないため、ますます迷ってしまうばかり。「CO-DATA -みんなの戸建データ-」では、13,000人の住宅購入経験者の方々を対象に調査を行い、一戸建てを購入する際に気になるあんなコトやこんなコトを聞いた結果を掲載しています。
もちろん、最後は「あなたがどうしたいか」ですが、そのサポートに本サイトの口コミを参考にしてみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る